PC・家電の最近のブログ記事

シャア専用 オーリス 8月26日より量産を発表

| コメント(0)
ジオニックトヨタによるプロジェクトカー「シャア専用オーリス」市販モデルが、8月26日に
発表される。開催中の「東京おもちゃショー」(東京ビッグサイト)ではそのコンセプトモデルが
出展中だ。

トヨタ自動車とガンダムのジオン公国を代表する重機メーカー、ジオニック社の技術提携により
「ジオニックトヨタ」が設立されたのは今年1月。現在はスペシャルサイトにて“社員"を募集中。

広報担当の伊奈哲史さんは、市販モデルについて「今のコンセプトカーがとても好評なので、
基本的にはこちらをベースに進めたいと思っています。また、"社員"になってくれた方から
どのような車にしたいかの希望も聞いているところです。」と話した。

市販車は10月1日より全国ネッツ店で発売予定。

●参考/バーチャルカンパニー「ジオニックトヨタ」の特別広報部員に就任したSKE48の古川愛李さん
http://mkt0723.com//90b1804f.jpg

●参考/シャア専用オーリス
http://mkt0723.com//a4c4a62f.jpg

◎トヨタ自動車(7203)--「ジオニックトヨタ」
http://netz.jp/char-auris/about/
https://www.facebook.com/zeonictoyota

http://response.jp/article/2013/06/15/200144.html
磁気テープなぜ復活? 生産量3年連続プラスに 
 「磁気テープへの問い合わせが最近増えました」とのIT(情報技術)会社社員のつぶやきに、神田のご隠居、古石鉄之介が「わしもカラオケに使っておるぞ」と応じた。探偵の松田章司が「磁気テープ復活?ワケがありそう」と調査へ出た。

■企業、データ保存に重宝

 章司はまず家電量販店のビックロビックカメラ新宿東口店(東京都新宿区)を訪ねた。録画再生用のDVDやブルーレイ・ディスク(BD)が山積みの広い売り場の一角に、
カセットテープ数種類のお買い得パックが積まれていた。店内には録音再生機も20機種ほどが陳列されていた。



 「まだ売っているんだ」。章司が驚くとオーディオコーナー主任の冨樫豊さん(35)が「カセットテープの人気は根強く、いまも一定の販売量があります」と教えてくれた。インターネットで音楽を購入し、
携帯プレーヤーなどで聴く時代にはなったが「ネットが苦手な年配のカラオケ愛好家らが使っているようです」と冨樫さん。

 とはいえソニーはポータブル型録音再生機3機種の販売をやめると昨年末に発表。映像用ビデオテープは店頭に並べても売れなくなったという話を聞かされて「やっぱり磁気テープはなくなる運命か」と章司はため息をついた。

 すると富士フイルムの記録メディア事業部担当部長の江尻清美さん(54)が声をかけてきた。「磁気テープを使った記録メディアには音楽・映像用だけでなく、コンピューターのデータ保存用もあります。実はデータ保存用の需要が徐々に伸びています」

 江尻さんがサンプルを取りに行っている間、章司はタブレット(多機能携帯端末)で経済産業省の統計を調べた。磁気テープ生産量は2012年度に約3億7732万平方メートルと前の年より7%弱増え、
3年連続のプラスに。90年代の約5分の1の水準で、価格低下で生産額も減少しているが「確かに生産量は上向いている」と納得した。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO55951980X00C13A6W14001/
ホンダは、6月21日(金)に発売が予定されている「アコード ハイブリッド」に関する情報を、
5月31日よりホームページで先行公開した。新開発の「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を
搭載することで、30.0km/リッターという低燃費(JC08モード)と、上級セダンにふさわしい
上質な走りを実現したという。

「シビック」より上級のモデルとして1976年に初代が発売された「アコード」は、日本では
2013年3月に8代目モデルが生産終了。3ヶ月の間を置いて、ハイブリッド車として復活する。

http://mkt0723.com//57dc01d1.jpg

その心臓部には、2.0リッター直列4気筒i-VTECエンジンに、発電用と走行用という2つの
電気モーターおよびリチウムイオン・バッテリーを組み合わせた「スポーツ ハイブリッド
i-MMD」を採用。ホンダが「アース・ドリーム・テクノロジー」と呼ぶ新世代パワートレイン
の1つで、「世界最高効率」を謳う中型車クラス用のハイブリッド・システムだ。i-MMDとは
「インテリジェント・マルチ・モード・ドライブ」の略だとか。このシステムでは、エンジンと
2個のモーターはフロントに並べて横置きされ、走行モードに拘わらず前輪のみを駆動する。
リチウムイオン・バッテリーは車体のリアに積まれている。

http://mkt0723.com//37e6646c.jpg

走行モードは3種類。まず、主に街中の低速走行時に使われる「EVドライブモード」では、
リチウムイオン・バッテリーに蓄えられた電力によって走行用モーターのみが前輪を駆動。
このとき、エンジンはクラッチによって完全に切り離されており、余計なフリクションを
生じさせない。減速時にはこのモーターが発電機としての役割を果たし、エネルギーを回生して
バッテリーに充電する。もちろん走行時に排気ガス・CO2は一切出さず、街中における走行時には、
高い頻度でこのモードになるとホンダは言う。

力強い加速が必要なときには、バッテリーに加えて始動したエンジンが発電用モーターを回し、
走行用モーターに電気を供給する「ハイブリッドドライブモード」に切り替わる。ユニークなのは、
このモードでもエンジンによる駆動が一切行われないこと。電気モーターならではの、アクセル
・レスポンスの良さとトルクフルな走りが体感できるという。

そしてエンジンの効率が高くなる中?高速巡航時では、湿式多板クラッチがつながり、エンジンからの
パワーが駆動輪に直結する「エンジンドライブモード」になる。エンジンのギア比は固定となるので、
高速域からさらに加速が必要なときは、シフトダウンする代わりに電気モーターがアシストすることに
なるようだ。(※続く)

http://jp.autoblog.com/2013/05/31/honda-accord-hybrid-teaser-site-opened/

ロータス1-2-3 がついにサポート終了

| コメント(0)
taraiok 曰く、 IBMは2012年からLotusブランドを収束させつつある。
そして一時期はPCのキラーソフトとしてその名をはせたロータス1-2-3も、終焉が見えてきたようだ。

IBMは5月14日、「IBM Lotus 123 Millennium Edition V9.x」、「IBM Lotus SmartSuite 9.x V9.8.0」、
および「Lotus Organizer V6.1.0」について営業活動終了およびサポートの終了を発表した(ZDNet、本家/.)。
後継製品については「なし(None)」とされている。

 6月11日以降、これら製品の入手等は完全にできなくなる。
また、2014年9月30日以降にこれらの製品のサポートが打ち切られることも発表された。
今後サービスの拡大や代替アプリケーションの用意はしないとも説明している。

 ロータスブランドの製品としては、グループウェアクライアント「Notes」とサーバコンポーネント「Domino」が生き残っているが、
もはやIBMがLotusブランドのプログラムを提供することはないだろうとしている。

http://www.zaikei.co.jp/article/20130523/133084.html
jya.jpg
パナソニックは6月1日に発売するIHジャー炊飯器「SR-SPX103/108」のメディア向け
PRイベントを20日、東京・築地市場で開催した。

同製品はパナソニックが市場最高傑作と位置付ける製品で、同社のハイエンドモデルの
炊飯器としては初めて圧力式炊飯を採用したのが特徴。

圧力式炊飯とは、炊飯時に圧力をかけることで、ごはんの甘みや弾力を引き出す炊飯方式で、
三洋電機が初めて採用したもの。一方、パナソニックでは、高温のスチームで米表面を
コーティングして、甘みを閉じ込めるスチーム炊飯を強みとしてきた。2010年に三洋電機が
統合してからも、ハイエンドモデルに圧力方式を搭載することなく、スチーム式とは別に
圧力式の炊飯器を展開するに留めていた。

新製品では、これまで別々の製品に搭載していたスチーム式と圧力式を1つの炊飯器に搭載。
パナソニックでは、業界に先駆けてIH技術を搭載した炊飯器を発売するなど、炊飯器の開発に
力を入れており、今回の製品はまさに2社の技術が融合したものだといえる。

パナソニックの炊飯器開発を20年来担当するキッチンアプライアンス事業部 炊飯器IH技術
グループ 調理ソフトチーム チームリーダー 加古さおり氏は、製品発売までの苦労を次の
ように語る。

「圧力炊飯を搭載せずに独自の炊飯方式をつらぬくという哲学は確かにあった。ただ、三洋
電機の持つ素晴らしい技術は確かなものだったし、世の中の流れとしてモチモチとした食感が
好まれるのであれば、その流れに反する訳にはいかない。2010年の統合以来、何度も試作を
繰り返してようやく実現した、まさに史上最高傑作の製品」

?※長文のため中略?

IHジャー炊飯器「SR-SPX103/108」の価格はオープンプライス。店頭予想価格は5合炊きの
「SR-SPX103」が110,000円前後、1升炊きの「SR-SPX183」が115,000円前後。

http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/600/157/20.JPG

◎パナソニック(6752)のリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/03/jn130326-1/jn130326-1.html

◎三洋電機 http://panasonic.co.jp/sanyo/

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130521_600157.html

◎主な関連スレ
【電機/経営】『三洋電機』、解体--パナソニック、3年後メドに三洋電機の人員9割削減へ [05/18]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1368841904/

コードネーム「Windows Blue」はまぼろしに

| コメント(0)
 Windows Blueという開発コード名で呼ばれてきたWindows 8の次期アップデートは「Windows 8.1」という正式名称で無料提供される。
 JP Morgan Technology, Media & Telecom Conferenceにおいて
 14日(米国時間)に、米MicrosoftのWindows担当チーフマーケティングオフィサー兼チーフファイナンシャルオフィサーであるTami Reller氏が明かした。

 Windows 8.1アップデートは、Windows 8ユーザーに対してWindows Storeを通じて提供される。
 JP MorganのカンファレンスにおいてReller氏は、
 Windows 8.1が次世代のPCやタブレットをOEMパートナーが提供するための基盤になるとしながら
 同時に、Windows 8では継続的なアップデート(Windows Storeのアプリアップデート、Windows Updateなど)を通じて
 常に最高の体験をユーザーにもたらすように努めており、Windows 8.1もまた、その一環であると強調した。

 MicrosoftはWindows 8.1アップデートの年内リリースを目指して開発を進めており、
 来月に米サンフランシスコ(6月26日-28日)で開催する開発者カンファレンス「BUILD 2013」 で詳細を説明し、
 6月26日にパブリックプレビューをリリースする計画だ。
 Brandon LeBlanc氏 (コミュニケーションマネージャー)によると、Windows 8.1のプレビューはWindows 8だけではなく、Windows RT向けにも提供される。


 マイナビニュース 5月15日(水)3時10分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130515-00000002-mycomj-sci

繰り返されるドコモのiPhone投入の噂

| コメント(0)
1: :2013/04/05(金) 20:51:59.51 ID:
★ドコモ、今夏にもiPhone投入へ 劣勢挽回狙う

・2012年度の携帯電話の契約実績は、350万件の純増件数を獲得したソフトバンクモバイルが3年連続首位
 だったのに対し、最大手NTTドコモはこの半分以下にとどまり、大手3社の最下位となった。上位2社が主力製品と
 する米アップル社のスマートフォン「iPhone」をドコモだけが扱っていないことが大きな敗因であるのは明らか。
 打開策として、ドコモは今夏にもiPhoneを投入するとみられる。

 12年度の純増数は、ソフトバンクモバイルが353万600件、auも約50万件増の260万200件と好調。
 ドコモは約71万件減の140万6500件となった。

 番号持ち運び制度(MNP)による契約者の転入出状況では、NTTドコモが141万300件の転出超過となったのに
 対し、auは101万500件の転入超過と明暗を分けた。

 MNP制度が始まった06年10月からの累計では、ドコモの転出数は477万620件と500万件に迫る。
 KDDIは241万7200件、ソフトバンクは237万4400件の転入超過で、KDDIは12年度と累計の両方で
 ソフトバンクを抜いた。

 ドコモは劣勢挽回にはiPhone投入が不可欠と判断したようだ。アップルとの交渉が最終決着すれば、米国で
 6月の発表がうわさされているiPhoneの新機種を発売する見通し。現行の米グーグル社製基本ソフト(OS)
 「アンドロイド」搭載スマホの機種を絞り込む一方、iPhoneの投入で巻き返しを図りたい考えだ。

 ドコモの加藤薫社長は「(販売台数の)2?3割なら扱ってもいい」と述べており、iPhoneの販売台数は
 年間400万?500万台程度を想定しているもようだ。
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130405/biz13040519080019-n1.htm

※関連スレ
・【携帯】 ”iPhoneで明暗” au過去最高、ドコモは過去最悪…2012年度の転出入
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365148718/

パナソニック、顔識別機能つき新型テレビを発表

| コメント(0)
1: :2013/04/03(水) 23:32:18.96 ID:
パナソニックは2日、使う人の声や顔を識別して、個別のサービスを提供するテレビの新商品を発表した。

パナソニックが発表したプラズマと液晶の新型テレビは、
専用のリモコンに話しかけることで、チャンネル操作や録画予約、インターネットの検索などができる。

また、内蔵されたカメラでテレビの前にいる人を見分けて、
その人の好みに合わせたテレビ番組や、天気予報、占いなどの情報を表示させる機能もある。

この他、プラズマテレビでは、スマートフォンで撮影した画像やテレビから取り込んだ画像を画面に表示し、
電子タッチペンで直接絵や文字を書き込むことができ、家庭内での伝言板としても活用できるという。

スマートビエラは、大きさが42型から65型まであり、市場想定価格は20万円から60万円で、今月下旬に発売する予定。

ソース:日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2013/04/02/06225968.html

大人気のスマホアプリ「LINE」が実は営業赤字

| コメント(0)
1: :2013/04/02(火) 17:26:35.45 ID:
・1月に世界でユーザー1億人を突破した、無料通話・メールアプリ「LINE」。運営するNHNジャパンは4月1日、社名を
 「LINE株式会社」に変更した。同時に会社分割を行い、新設会社のNHNジャパンが、旧NHNジャパンのゲーム事業を承継した。

 これまでLINEはNHNジャパンの一事業との位置づけだったが、今回の社名変更によって、名実ともにLINEに特化した
 運営形態となる。新生NHNジャパンは、パソコン向けオンラインゲームが主体の「ハンゲーム」のみならず、今後は海外を
 含めた独自ブランドのスマートフォン向けゲームの展開を強化する。

 今、インターネット業界で最も高い注目を集めるLINE。運営元の旧NHNジャパンは未上場企業のため、証券取引所が
 定める決算情報の開示義務がない。しかし、社名変更と会社分割を行った同じ日に、国が発行する機関紙としての
 役割を担う「官報」で、前年度(2012年12月期)の貸借対照表と損益計算書が掲載された。その内容を見てみよう。

 12年12月期の売上高は259億円と、前期比1.7倍に伸長した。この規模は上場するネット企業と比較した場合、
 飲食店情報サイトのぐるなびや、「ニコニコ動画」のドワンゴなどに匹敵する。
 一方で、営業損益は7億円の損失と、前期の営業黒字3.6億円から一転して赤字となった。LINEを統括するLINE
 株式会社の舛田淳執行役員は昨年末、東洋経済の取材に対して、「われわれは今、売り上げ至上主義ではなく
 まだまだサービスを伸ばしていく投資フェーズ」と語っていた(関連記事LINEと組みたい企業、99%はお断り)。LINEの
 成長に伴う人員やサーバー代のコストが先行させたことが、営業赤字に転落した要因と見られる。

 旧NHNジャパンは12年1月に子会社のネイバージャパンとライブドアを経営統合した。前年度は経営統合に伴う
 株式消滅処理の特別損失が生じたことから、最終損益は2期連続の赤字だった。そのため、貸借対照表の純資産の
 部における「利益剰余金」は53億円のマイナスとなっているが、昨年5月に韓国親会社のNHNコーポレーションを
 引受先とした第三者割当増資を行っていることから資本金は厚く、純資産合計では199億円のプラスとなっている。
(>>2-10につづく)
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130402-00013506-toyo-bus_all

ブラザーのファクス、猫の尿かかると発火の恐れ

| コメント(0)
1: :2013/03/29(金) 22:48:45.93 ID:
ブラザー工業(本社・名古屋市)は29日、国内で販売した家庭用ファクス約60万台を無償で点検すると発表した。

 猫の尿が繰り返しかかることで発火する恐れがあるためで、対象となるのは、
2000年9月?05年11月に生産された「ピュアブルー」「コミュシェ」シリーズなどの19機種。

 同社によると、05年1月?13年2月に4件の発火事故があった。印刷紙を排出する穴から猫の尿が機器の中に入り、
ショートしたのが原因とみられるが、けが人はいなかったという。(以下ソースで)

読売新聞 3月29日(金)20時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00001403-yom-soci